みんな知らない稼げる職業

サラリーマンになると貧乏になる

お金持ちになりたかったらサラリーマンにはなってはいけないというのは当たり前ですが、
基本的にサラリーマンになると金銭的にだけでなく、本当の意味での貧乏になります。

 

それは、時間貧乏です。

 

僕は、人生で一番大事なのは時間だと思っています。

 

なぜなら、時間だけは世界中のお金を出しても買えませんし、時間がなければやりたいことが何もできないからです。

 

人生というのは楽しんだ時間と密度のトータルがどれだけ大きいかで決まると思います。

 

じゃあ、ある程度のお金さえ持っていれば、あとは自由な時間がどれだけあるかで人生が決まってくるわけです。

 

つまり、時間がなかったら何億円持っていようと楽しむということ自体できないので全く無意味な人生ということになります。

 

この無意味な人生の典型がサラリーマンです。

 

1日8時間拘束が週5日は続き、睡眠時間を8時間とすると、自由な時間は8時間しかありません。

 

通勤、食事、風呂、歯磨きなどを含めると、それ以下になってしまう上、
そもそも仕事でクタクタになっているので自由な時間を楽しむ気力さえなくなるでしょう。

 

さらに、この時間貧乏に加え、金銭的にも貧乏になるわけですから、
これでは何のために生きているのか分からなくなるでしょう。

 

しいていうなら、死なないためでしょうか。

 

ほとんどの人は、たった一度きりの人生を死なないために生きているのです。

 

もちろん、サラリーマンでも自分の好きな会社でやりたい仕事をしている一部の人は例外ですが。

 

少なくとも、死なないために生きる人生が素晴らしいと思う人はごくわずかでしょう。

 

哲学的に考えると、生まれてきただけでも幸せなことだと捉えることができるかもしれませんが、
それでもやはり、人生は一度きりですし、自分のやりたいことを好きなだけできる人生が一番に決まっています。

 

結論としては、

 

・あなたにとってやりたいことを我慢せずやれるだけの必要最低限のお金は稼ぐ
・可能な限り時間に縛られない仕事を選ぶ

 

の2つを満たせるような職業でないと、最高の人生は送れないですよということです。

 

そういう意味で、好きでもないのにサラリーマンになると金銭的、時間的にも貧乏になり、
死なないために生きるという人生を歩まなければなりません。

 

なので、新卒だから、みんながそうしているから、親が言うからという安易な理由でサラリーマンになると、
確実に後悔します。

 

あなたの人生はあなた自信で決めてください。