みんな知らない稼げる職業

弁護士は高収入?それとも儲からない?

高収入な職業と聞いてパッと思い浮かぶものの代表的なものに弁護士があります。

 

しかし、最近では弁護士は儲からないという話もよく聞きますよね?

 

どちらが真実なのでしょうか?

 

結論から言うと、昔よりは儲かりにくくなってきているのは確かです。

 

なぜなら、弁護士の人数が増え続け、弁護士1人あたりが担当する顧客の数が減っているからです。

 

弁護士を必要とする需要に対して供給が多いということですね。

 

 

そもそもなぜ弁護士の数がどんどん増えてしまったのかというと、近年、
司法試験の難易度が下がり、合格の難易度が下がったためです。

 

もちろん今でも司法試験は鬼のように難しいですが、旧司法試験はそれをさらに上回る圧倒的な難易度でした。

 

これが、難しいことほどできる人が限られる分価値が高くなり、高収入になり、
簡単になればなるほど誰でもできるので価値が薄くなり、儲からないと言われる理由なんですね。

 

しかしそれにしても、難易度と平均年収のバランスを考えると、割に合わないと言えます。

 

 

とは言っても、弁護士は自営業と同じで実力次第ですので、年収1億円以上稼ぐ弁護士もいます。

 

儲からないといっても、あくまでも平均値をとった場合であって、
稼げる人は稼げるし、稼げない人は平均以下しか稼げません。

 

なので、自分がどうしても弁護士になって、人のためになりたいという情熱があるなら、
目指した方がいいと思います。

 

弁護士は社会的地位が高く、弁護士というだけで周りから尊敬されたりすごい人だと思われますし、
人の人生に大きく関わる職業なので、やりがいも多いです。

 

実際、僕も中学生の頃からずっと弁護士に憧れていました。

 

ただ、司法試験が昔より簡単になったからといって舐めてかかると絶対に受かりません。

 

はっきり言って、東大に受かるよりも難しいです。

 

弁護士を目指すのなら、中途半端な覚悟ではできないということを理解しておいて欲しいと思います。