みんな知らない稼げる職業

なぜネットビジネスが儲かるのか

ネットビジネスが儲かる理由はたくさんあります。

 

まずネットの特徴として、個人で世界中に情報を流したり取引ができます。

 

つまり、一つの情報を流すだけで世界全体の人が認識できるんです。

 

コンビニやスーパーだったらその店舗の近くにいる人しか集客できませんよね。

 

でも、ネットなら自分がどこにいようと世界中どこでも商品を売ることができるのです。

 

例えばレディ・ガガがツイッタ―でつぶやくと彼女をフォローしている3000万人以上の人に一斉に情報が伝わるのです。

 

もし彼女が商品を紹介したら一度の発言で何万個という商品が売れるのです。

 

しかし、リアルな店舗だったら一対一の取引になってしまいます。

 

ネットはその点自動的に一度に多くの人に売れるという仕組みがあるのです。

 

そして、ネットビジネスには儲かる4つの商売の原則が当てはまります。

 

これはホリエモン4原則とも言われていて、

 

@元手がかからない
A在庫を持たない
B利益率が高い
C定期的に利益が出る

 

元手がいらないということはお金がなくても始められてリスクがありません。

 

もし失敗しても痛くもかゆくもないのです。

 

ネットなら土地も建物もなくても商売ができます。

 

そして在庫を持たないということは仕入れなくても無限に売れるものということです。

 

飲食店や電化製品などは必ず仕入れなければなりません。

 

もし仕入れた在庫が売れなかったら利益が仕入れた値段分だけ減ってしまうのです。

 

しかし、ネットで情報やダウンロード式のコンテンツを販売すれば一度作ってしまったものは無限に売れるのでコストがかからないのです。

 

さらにネットビジネスならとても高い利益率を出すことができます。

 

利益は売り上げから仕入れにかかった料金や人件費を引かれるのです。

 

飲食店では売り上げが100万でも仕入れや従業員の給料を払うと10万円ほどしか残らず、利益率は10%くらいしかないのです。

 

しかし、ネットの場合仕入れなくても売れるものを販売でき、個人なので人件費もいりません。

 

利益率は限りなく100%に近いのです。

 

最後に定期的に利益が出るというのは安定して売れるということです。

 

賃貸マンションや駐車場などの不動産はほっといても毎月安定した収入が入ってくるのですが、ネットでも一度作ってしまったサイトなどの広告でほっといても勝手に儲かる資産を作れるのです。

 

以上の点から、ネットビジネスはとても稼げる可能性が高いのです。